2017/05/10

カチオンとアニオン

 カチオンとアニオン(英語でキャタイオンとアナイオン)といわれても、語源がわからないとどちらが陽イオンで陰イオンかわからない。それは英語圏の人でも一緒で、CATion(ネコ)はPAWsitive(pawは動物の足というか肉球、写真)、アニオンはA Negative IONという語呂合わせがあるくらいだ。



 カチオンは古代ギリシャ語で「おりる(down)」を意味するkataに由来する。カテーテルのcathも同じで、管を通じて液体を下に送りだしていくイメージだ。一方アニオンは「あがる(up)」を意味するanaに由来する。Anaにはagainstの意味もあって、アナフィラキシーはagainst guarding(自分自身に対して守る)ということ。

 どうして陽イオンは「おりるイオン」、陰イオンは「あがるイオン」なのか?イギリスの物理学者ファラデーと関係ある。彼が電気分解で電極(electrode)をつないだ線に電流が流れる実験を行ったが、上流の電極をcathode(おりる極)、下流をanode(のぼる極)と名づけた(図)。



 いまでは電流はe-の流れの反対と分かっているから、電流がcathodeからanodeに流れる時にはe-がanodeからcathodeに流れている。Cathodeにe-があつまると、電極を浸す水溶液中の陽イオンがあつまる。これがcat-ion(カチオン)。Anodeには逆に陰イオンがあつまり、これがan-ion(アニオン)。

 このような歴史的な経緯は興味深いが、はっきりいって混乱のもと。陽イオンと陰イオンのほうがわかりやすい。英語にはpositvely-charged ion、negatively-charged ionを略した言葉がないから、いまでも大変だ。東洋の陰陽思想(yin and yang、図)も広まっているし、いっそyinion, yangionと呼んではどうか。