2012/07/28

Ganciclovir

個々の抗ウイルス剤の腎毒性など、到底覚えられるものではない。有名なのはAcyclovir(結晶になって尿細管が詰る…まだ本物の結晶は見たことがないが)、Cidofovir、Tenofovirなどだが、「じゃあGancyclovirは?」とか言われると(よく使う薬なのに)ぱっと答えられなかったりする。実際、急性腎障害の患者さんで他に明確な原因がないときもある。
 Ganciclovir(とそのesterであるValganciclovir)は、私が小学生だった頃から腎毒性がないとされている(JASN 1991 1 1061)。しかし、MicromedexもUpToDateも副作用に「クレアチニン上昇」を挙げている。直接の腎毒性なのか、服用群は移植後患者さん達で他の腎毒性物質(Cyclosporineとか)を飲んでいたからなのかは、分からない。