2017年9月1日金曜日

CB1受容体と学会に入るメリット

 日本腎臓学会にはKidney-Shareというメーリングリストがあって、教育機会や論文を紹介してくださるのがありがたい。私自身、症例の相談をしたこともある。そこで最近、「腎臓学会に早く入るメリットは?」という話題がでていた。私が思う理由のひとつは、よくわかるシリーズだ(と以前に書いた)。この動画は、会員でないとみられない。

 わたしは日本腎臓学会と米国腎臓学会に入れさせていただいているが、米国腎臓学会に入っているメリットはなんだろう?ひとつは学会誌のアクセスだと思う。最近はどの雑誌も紙媒体がくるまえにオンラインで公開されるのが通例だが、学会に入っているおかげでほぼ毎日新しい論文のリンクが送られ、アクセスできる。朝起きたらチェックするので、もはや生活の一部だ。

 今朝のJASN最新論文は、近位尿細管にあるCB1受容体の腎障害における役割という刺激的な内容だった(doi:10.1681/ASN.2016101085)。CB1受容体は内因性カナビノイド受容体のひとつで、カナビノイドといえば脳のイメージで肥満や禁煙治療のターゲットとしてまず注目されたが腎臓にも働く(以前にもふれた)。炎症を惹起するCB1受容体と抑えるCB2受容体は拮抗しており、炎症をおさえるCB1拮抗薬が糖尿病や糖尿病性腎症にためされ治験中だ。

 CB1受容体が肥満にかかわるのは脳で食欲に関係するからだとおもっていたが、脂肪代謝じたいにも関係しているらしい。では腎臓のCB1受容体が炎症をおこすのにも脂肪代謝が関わっているのだろうか?CB1受容体は腎臓の足細胞、メサンギウム細胞、そして近位尿細管にあるが、肥満になると近位尿細管に脂肪がたまり炎症のもとになるらしい(これをlipotoxicityとよぶ)。

 近位尿細管のCB1をノックアウトしたマウスでは、肥満にしても野生型のように近位尿細管に脂肪がたまらず、炎症もおさえられ、蛋白尿や腎機能低下などもおこらない。細胞内のメカニズムを詳しく調べると、CB1受容体にスイッチがはいると、近位尿細管細胞内で脂肪酸のβ酸化を促進するシグナル経路(AMPKなど)を抑えるので、脂肪が分解されず貯まってしまうらしい(図は前掲論文より)。




 肥満にともなう尿細管障害、というものがどれくらい意義があるのかは、よくわからない。肥満といえば糸球体の障害が有名かと思う。実験動物に脂肪ばかり食べさせないとおこらない現象なのかもしれない。結局米国腎臓学会にはいっていても、そんなマニアックなことしか分からないのか?と思う方もいるかもしれない。

 でも、近位尿細管は最近のホットトピックだと思うし、これからいろいろわかってくる近位尿細管の真相に私はついていきたい。また、この話には将来性がある。糖尿病性腎症とのかかわりもあるし、腎臓以外でもひろくメタボ世代の健康寿命をのばすかもしれない。CB1受容体は全身にあるはずなので、CB1拮抗薬、ないし(この論文には一切出てこない)CB2受容体のアゴニストがあれば、他の組織でも脂肪分解ができず炎症や線維化がおこるのを防げるかもしれない。

 それで、この論文の注目度を示すAltmetricは公開初日から32ときわめて高い(図)。この論文が紙媒体で届くのは来年だろうが、その前から読めるのだから、やっぱり、会員でよかった。




 これからも、日本腎臓学会と米国腎臓学会から学べることはたくさんありそうだ。